TSUJI CERAMICS

since 1938
 
 
陶芸家及びアーティスト、辻ファミリーの紹介





|HOME |TOP |NEWS |
 
 
 




辻 輝子 TERUKO TSUJI

profile

写真提供: 静岡新聞社

女流陶芸家  辻 輝子
Female Potter  TERUKO TSUJI
 

      
        1920年(大正9年)8月2日、
      実業家の父、辻清吉、母、とみの長女として東京・日本橋に生まれる
    日本の女流陶芸家の草分け
      東京都中央区日本橋出身
      仙台万華鏡美術館名誉館長
      2010年(平成22年) 4月6日 平成の天皇皇后両陛下、自宅及び工房に来訪
 
 
 
      夫:日本犬研究家の斎藤弘吉
      弟:陶芸家の辻清明
      子:陶芸家の辻厚成
      孫:万華鏡作家の辻美里
      孫:陶芸家の辻厚志
 

 
 
 
 
略歴

  •  
    • 1920年(大正9年)   東京・日本橋生まれ
    • 1937年(昭和12年)17歳 / 日本橋三越にて濱田庄司展を見て陶芸の美に目覚める
    • 1938年(昭和13年)18歳 / 駒沢高等女学校(後の駒沢学園女子高等学校)卒業
    • 1938年(昭和13年)18歳 / 大森光彦、富本憲吉に陶芸を、浅香金四郎に日本画を師事
    • 1939年(昭和14年)19歳 / ニューヨーク万国博覧会出展
    • 1941年(昭和16年)21歳 / 東京・世田谷若林に築窯
    • 1941年(昭和16年)21歳 / 東京府現代工芸美術展「飾り箱」特賞受賞
    • 1941年(昭和16年)21歳 / 国画会に作品を出品し特選
    • 1941年(昭和16年)21歳 / サンフランシスコ万国博覧会出展
    • 1942年(昭和17年)22歳 / 東京府現代工芸美術展特賞受賞
    • 1942年(昭和17年)22歳 / 女流美術展に作品を出品 
    • 1942年(昭和17年)22歳 / 息子で陶芸家の辻厚成が誕生する
    • 1946年(昭和21年)26歳 / 新匠工芸展出品
    • 1947年(昭和22年)27歳 / 新匠工芸展出品
    • 1947年(昭和22年)27歳 / 九谷の森一生に師事
    • 1948年(昭和23年)28歳 / 陶器でアクセサリー制作を創案、ガス窯で試作
    • 1949年(昭和24年)29歳 / 二科展に出品
    • 1949年(昭和24年)29歳 / 『婦人画報』に「火のいたずら」奇稿
    • 1949年(昭和24年)29歳 / 岡本太郎と交友始まる
    • 1950年(昭和25年)30歳 / 陶器アクセサリー、土門拳の撮影により『婦人画報』に紹介
    • 1950年(昭和25年)30歳 / ピカソの依頼によりピカソ原型のペンダント《美女》《野獣》を制作(ピカソ展)
    • 1951年(昭和26年)31歳 / 日本橋高島屋にて個展、以後各地で開催
    • 1955年(昭和30年)35歳 / 棟方志功と交友始まる
    • 1955年(昭和30年)35歳 / 北大路魯山人と交友始まる
    • 1955年(昭和30年)35歳 / 硬質陶器製法の新手法を考案し特許を申請する
    • 1956年(昭和31年)36歳 / 硬質陶器製法の特許が認可される 
    • 1957年(昭和32年)37歳 / インディラ・ガンジー元インド首相、辻工房へ来訪
    • 1959年(昭和34年)39歳 / 国立近代美術館招待出品
    • 1965年(昭和40年)45歳 / メキシコ国立近代美術館出品
    • 1965年(昭和40年)45歳 / 孫で万華鏡作家の辻美里が誕生する
    • 1970年(昭和45年)50歳 / 静岡県伊東市宇佐美に「孔雀窯」を築く
    • 1972年(昭和47年)52歳 /『手作りの陶芸』を婦人画報社より出版
    • 1976年(昭和51年)56歳 / 孫で陶芸家の辻厚志が誕生する
    • 1978年(昭和53年)58歳 / 東宮御所にて辻輝子陶芸展
    • 1978年(昭和53年)58歳 /「クレマンソー香合コレクション」の里帰り展を企画
    • 1985年(昭和60年)65歳 /『辻輝子  花の画集』を藝林社より出版
    • 1986年(昭和61年)66歳 / 東宮御所にて辻輝子陶芸展
    • 1988年(昭和63年)68歳 / 作品集『陶の華』を藝林社より出版
    • 1989年(平成元年) 69歳 / 静岡県川奈に築窯
    • 1991年(平成3年)  71歳 /『彩陶の美   辻輝子の世界』ノーベル書房より出版
    • 1994年(平成6年)  74歳 / 静岡県伊豆高原に「辻輝子 陶の華美術館」が開館
    • 1994年(平成6年)  74歳 / 伊豆新聞にて自伝的エッセイ「思い出の記」連載執筆
    • 1995年(平成7年)  75歳 / 佐野美術館にて企画展を開催
    • 1996年(平成8年)  76歳 /『万華鏡ー陶に魅せられた私の75年』を講談社より出版
    • 1999年(平成11年)79歳 /「仙台万華鏡美術館」開館、名誉館長に就任
    • 2000年(平成12年)80歳 /『人生は万華鏡   辻輝子』を仙台万華鏡美術館より出版
    • 2002年(平成14年)82歳 / 敬宮愛子内親王の万華鏡を制作
    • 2003年(平成15年)83歳 / 日本橋三越にて孫・辻美里と万華鏡コレクション展示
    • 2004年(平成16年)84歳 /「辻輝子 陶の華美術館」閉館
    • 2004年(平成16年)84歳 / パラミタミュージアムにコレクションを収蔵
    • 2005年(平成17年)85歳 / パラミタミュージアムにて「辻輝子展ー彩陶の美ー」開催
    • 2009年(平成21年)89歳 / 仙台万華鏡美術館にて卒寿展
    • 2010年(平成22年)90歳 / パラミタミュージアムにて
    •                                   「辻輝子展   動植物図鑑ーあでやかな花鳥草木文と画題の図鑑解説ー」開催
    • 2010年(平成22年)90歳 / 第8回「和の万華鏡展」世田谷美術館区民ギャラリーにて特別出品
    • 2017年(平成29年)97歳 / 辻輝子・辻厚成・辻厚志「東京陶芸三代展」TOKYO ART MUSEUMにて開催
    • 2017年(平成29年)97歳 / 10月23日歿、享年97歳
    • 2020年(令和2年)          / 上皇后陛下美智子さまより、辻輝子作品7点がパラミタミュージアムに寄贈
    • 2021年(令和3年)          / パラミタミュージアムにて「女流陶芸家の草分け  辻輝子展」開催






    • 著書
    • 「手作りの陶芸」、「花の画集」、「陶の華」、「彩陶の美   辻輝子の世界」、
    • 「万華鏡ー陶に魅せられた私の75年」、「人生は万華鏡」等